上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


T03615_20080529172241.jpg 



タリアテッレはパスタの名称で、ちょうど“きしめん”のように平たいヤツ^^ 

モチモチした食感が特徴です♪ゆで方はやはりアルデンテで♪
ボロネーゼとは・・イタリア、ボローニャ地方の食べ方だから、、。

ボローニャ、ボロ二ェーゼ、そしてボロネーゼと日本語になってくるのではないかしら??
(推測^^;)でもイタリア料理であることは間違いなく、
別名、ミートソース・・とも申します(←それ先に言ってよ~~~ )


ミートは牛肉100%の挽き肉を使います。
本当は牛肉のカタマリ(肩ロース辺り)をたたいて使うともっと美味しい~んです。
茹で上がったタリアテッレにソースをかけて混ぜてしまいます。
麺が太めなので、この方が味が馴染んでちょうどよくなります^^


にんにく、セロリ、人参、玉ねぎをみじん切りにして
多めのオリーブオイルで炒めて、赤ワイン、ホールトマト、ブイヨン(熱湯にキューブを溶かす)
でつくります。10分くらい煮込んだら塩こしょうして出来上がり☆

ご家庭のミートソースはどんなですか?このレシピとちょっと違う~?




T03629.jpg



 こちらは昨日お鍋にたくさん作った、ラタトゥイユを、パスタにかけて食べきってしまいます^^
パルメザンを多めにかけて♪

 

T03517.jpg  T03522.jpg


レモンパイを作ってみました。

上の白いクリームはメレンゲ。少ししっかり立てるところがポイントかな。

 

T03536.jpg
 


~レモンパイ~(18cmのパイ皿型1個分)

<皮の材料>
薄力粉・・・・・160g
バター・・・・・80g
砂糖・・・・・・大さじ2
塩・・・・・・・小さじ1/2
ベーキングパウダー・・・・・小さじ1/2
卵黄・・・・・1個分〈小さじ2の水で溶く)
                                 〈この卵白は取っておく^^)

<パイ皮の作り方>
ボールに薄力粉、砂糖、塩、ベーキングパウダーを入れて混ぜる。
バターを包丁でサイコロくらいに切って入れ、両手指先で粉にもみこんで、ぽろぽろ状にする。

水で溶いた卵黄を入れてさっくりとあわせる。ひとつにまとめてラップに包み、冷蔵庫で少しおく。
(べたつくようなら、分量外の薄力粉を手と生地の周りにつけてまとめる)

生地を取り出して台にのせ、めん棒でケーキ型よりちょっと大きめに伸ばし、
型に沿わせ、出た部分を切り取る。
フォークでピケして、180度オーブンで20分下焼する。 
焼いてる間、レモンカスタードを作る。

<レモンカスタードクリーム材料>
レモン・・・・1個
    卵・・・・・1個
砂糖・・・・・150g
コーンスターチ・・・・・30g
バター・・・・・大さじ1
粉砂糖・・・・・少々

レモンは半分にわって絞り、皮(黄色い部分)を下ろし金で軽くおろす。
卵は白身と黄身を分ける。(割れて黄身が混じるとメレンゲが泡立たないので注意して^^)

鍋に砂糖(分量の半分)、コーンスターチ、卵黄、牛乳を入れて弱火にかけ、とろみがつくまでかき混ぜる。
突然とろみがついて固まるので、火からすぐおろし、レモン(汁とすり下ろし)、バターをいれる。

別のボールに、卵白(上のも合わせて2個分の卵白)を入れ、
残り半分の砂糖を入れてしっかり角が立つまでかたく泡立てる。

下焼したパイ皮にレモンカスタードを入れ、平らにして
その上にメレンゲを乗せて表面をならし、 茶漉しで粉砂糖を大さじ1ほどふる。
少し焦げ目をつけるのに、180℃のオーブンで10前後焼く。

  
T03554.jpg 

 

冷蔵庫で1時間ほど冷やすとレモンカスタードが安定して、もっと断面もきれいに^^
レモンの爽やかなクリームとサクサクのパイ生地が絶妙☆☆

ぜひオタメシください~~ハート


台風が来ているみたいですね。九州・四国辺りでしょうか。。
関東も日曜日までずっと雨らしいです^^;・・

 

いつも遊びに来てくれてありがとぉ~~ヽ(´▽`)ノ
↓  ↓   ↓                                                                                                                                                    banner_02.gif

 

Secret

TrackBackURL
→http://latable.blog49.fc2.com/tb.php/579-50f7a818
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。